08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

チカ

Author:チカ
チカのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

大学生と踊る

2017.06.21 10:34|生活
あっという間に6月も後半になってしまいました。
ガイドの方もようやく慣れて来たかと思うや否や
小田原城以外のガイドも次々と任されるようになり
さらに会計というお役目も加わって
その日その日を送るだけで精一杯の日々です。

そんな中 ダンス仲間の女性からlineが・・
「大学生と踊りませんか?」

キョエ~~~大学生?
そんなのあり?

彼女がいうには学連の優勝者などで構成されたイベントで
ま、早い話お小遣い稼ぎでオバサマと踊って下さるとか。

うぉ~~
泥沼のようなガイド環境に一筋の光。
何があっても絶対行く。

ダンスホールに着くと
まばゆいばかりの若い男の子達が。
一瞬 ‶犯罪〟という文字が浮かびましたが
いやいや。

手を繋ぐのもおこがましい想いになりながら
側で見ると髭なんか一本も生えてなくて(笑)
ツルツルお肌にキラキラ瞳。女の子みたい。
上から見つめられると身の置き所がないんです。
そうかと思うとオバサマをしっかりリードする頼もしい男子もいて
ちょっと高かったけど満足満足。

彼らにしたら高齢施設へのサービスと変わらない感覚だと思うけど
やっぱり若いって素晴らしい。
生きていて良かった、イケメン万歳です!

IMG01629_convert_20170621102306.jpg 
(嵐の前のダンスホール)




河津、再会、ガイド

2017.06.03 10:17|お出掛け
30~31日と中身の濃い旅をして来ました。

始まりはブログ仲間のKさんが
行きつけの河津(伊豆)の温泉に誘ってくれたことでした。
Kさんは素敵な電彩画を描く方で
私も時々 個展や作品展に寄せて貰っているところです。
Kさんの絵ハガキ_convert_20170602105805
(頂いた絵葉書)


今回のメンバーはKさんご夫婦と2匹のワンちゃん。
それに大阪のNちゃん、奈良のMちゃん、私の5人となりました。

Nちゃん、Mちゃんとは3月に大阪城をご一緒して貰ったばかり。
2ヶ月でまた会えるなんて今年はツイています。

さて
河津というと私には忘れられない友、M君がいるんです。
(正確には夫の友人)
どうして忘れられないかと言うと
M君の婚姻届の保証人にうちら夫婦がサインしたからなんです。

当時彼は今の奥さんと大恋愛中でしたが
家族の反対にあって結婚できず駆け落ちをしたのでした。

家族に黙って家を出て来たという夜
婚姻届を持って我が家を訪れ
4人でささやかなお祝いをしました。
そのM君とは夫の一周忌以来もう17年以上会っていなかったのです。

Kさんが河津に誘ってくれて
一番先に思い付いたのはM君との再会でした。
スカイプで打ち合わせをした時この事を話すと皆が気持ち良く
「チカちゃん、会っておいでよ。その人に」と言ってくれました。

河津の駅に着くとM君と奥さんが迎えに来てくれていました。
いや~懐かしい。
夫との付き合いも長かったので
M君ともグループ付き合いがありスキーに行ったり
お祭りに行ったりとよく遊んで貰いました。
無口でシャイで可笑しい人。
「変わっていないね~」
「昔から老け顔だったからね」とM君ニヤリ。

怪我や病を経て体の不自由なM君でしたがとても幸せそう。
お家に招いて貰い互いの近況や
20代の楽しかった頃の話に花が咲きました。
それから 近くのバガテル公園のバラが見頃だと言うので
連れて行って貰いました。
M2_convert_20170602104544.jpg

こうして3人で散歩できるなんて夢のよう。
人生、捨てたもんじゃないですね。

そうそう 不思議なことが一つ。
夫にはM君他3人の親しい友がいましたが
私がM君に「河津に行くので会えない?」とメールした日
何とその3人からも「たまには会わないか」と連絡が来たんですって。
「○○(夫)が企んでいるのかな」というM君
とても嬉しそうに笑いました。

さて
そんな再会も果たし今夜のお宿へ。
皆さんと合流です。
ツーワンちゃんとは初対面。メチャ可愛い。ぬいぐるみみたい。
白いレオン君は15歳 モコちゃんは1歳半。
P5310714_convert_20170602083359_convert_20170602110052.jpg P5310716_convert_20170602083300_convert_20170602110034.jpg

可愛がられて育っていることがよく分ります。
それにモコちゃんが来てレオン君の老いにストップが掛かったとか。
刺激を受ける事の大切さを教えて貰った気がしました。

お宿はKさんお勧め「かわづの里」
IMG01576_convert_20170602104201.jpg
(お庭)

ペットもご一緒できてアットホームな感じですが
ここのお料理がまた素晴らしい。
大きな舟盛りから始まって 
IMG01561-1_convert_20170602103938.jpg
(これは3人分)

酢の物 玉ねぎ丸ごとポン酢煮、トマト丸ごと冷煮、
そら豆とベーコンバター煮etc
カツオのたたき、サザエのつぼ焼き、金目鯛の塩釜焼、
IMG01564_convert_20170602104039.jpg
(これも3人分。Kさんご夫婦にはもう一匹)

伊勢海老ステーキ。
IMG01570_convert_20170602104100.jpg

これにご飯に味噌汁、香物。
さらに夜食にと海老3本入りの生春巻き付き。

信じられない~私のお腹♪というくらい食べました。
満腹感に誰も声も出ず もう一度露天風呂に入って
早々に休んでしまいました(笑)

さて
一夜が明け またまた露天に入って
モコちゃんと皆で宿の側を流れる河津川の畔を散歩しました。
ここは河津桜で有名な場所なんですね。
今は新緑だけどメチャ気持ち良かったです。
そして朝ごはんもまた豪華。
夕べの生春巻きも含めて完食しました。
IMG01579_convert_20170602104131.jpg

車組のKさんご夫妻、ツーワンちゃんとはここでお別れ。
NちゃんMちゃんのお二人はこれから小田原まで来て
私のガイドに付き合ってくれるというのです。
きゃ~
こんなに早く実現するとは~~~~!

スーパービュー踊り子号で小田原へGO。
「友達だと思ったらアカンで、お客さんと思ってな」(笑)

結果 半分友達入ってしまったでしょうか。
でも暑い中 拙いガイドを聞いてくれた二人に感謝です。

あまりにお腹がいっぱいでお昼も食べなかったけど
お茶しておしゃべりして楽しい時間でした。

ブログ友との温泉旅。
17年ぶりの再会。
小田原城ガイドと中身の濃い旅でした。

お付き合い頂いた皆さん、本当にありがとうございました。





新米のGW

2017.05.11 17:05|生活
小田原城はGW中 北条五代祭りがあり
その後もお天気にも恵まれたことから大勢の人で賑わいました。
4965-1-20170407161256_b58e73bf8aadc6_convert_20170511170015.jpg

そんな中 ぼつぼつとガイドを任されるようになり
先日は初めての団体さん17名を担当しました。
岐阜から見えたお客さんで同世代の方々。
歴史にも詳しく私の話に合わせ信長や秀吉の話をされます。
冷汗ものですが 最初に「新米です」と頭を下げていたせいか
「いい、いい、良く分るよ。頑張って」などと
励まして下さり泣きそうにもなりましたが
黙ってついて来た指導員からも何とか合格点を貰う事が出来ました。

しかし
歴史というのは絶対が無いもの。
それでも人様にお話するには出所、確証が必要になって来ます。
小田原市史などを基本にこの話はこの本から、と覚えたつもりでも
「本当?」と突っ込まれたら「???」
不安が押し寄せて来て記憶の屋台骨はグラグラ。
何度ウラを取れば覚えられるのでしょう。

また緑も美しい季節になり
それぞれの謂れ、こぼれ話、花言葉、和歌など
調べものが追い付かず
書き留めてもどこへ書いたか忘れ、どこで読んだか忘れ
またウラを取りに戻ります。

私の頭はまったくいい頭です(笑)

氏政北条_convert_20170511170049

北条五代祭りで「北条氏政」(4代目城主)に扮した高島政伸さん。
昨年の大河ドラマ「真田丸」での氏政役が嫌われ役だった為か
TVで「小田原が呼んでくれない」と発言。
(堺雅人さんが引っ張りダコだったのに対し)
この度めでたく氏政役でパレードされました。
出で立ちも素晴らしく出陣式での鬨の声もお見事。
さらに「小田原の皆さん、呼んでくれてありがとう」と
誰にでも手を振って気さくな人柄を感じさせる方でした。






始まり

2017.04.24 11:10|生活
遅ればせながら小田原城の桜です。
OI000058_convert_20170416171930.jpg

OI000061_convert_20170416171836.jpg

OI000059_convert_20170416171906.jpg


見習いガイドは何とかやっています。
でもまだまだ甘い。
最高気温20度なんて予報に惑わされ
春の装いで行くと日陰はどんだけ冷えるか
ほんの数メートル先の日向は暖かそうなのに
立ち番の日陰はヒンヤリ。
寄る年波には勝てず足は痛いわ腰は固まるわ。
先が思い遣られます。

また会報に新人の自己紹介が載り
「好きな言葉・座右の銘」という蘭に
『思いのまま自由に生きよ』と書いて一人浮きました。
つい正直に書いてしまったんですね(笑)

ま、いっぱい失敗して、恥かいて、笑い飛ばせる
そんなガイドを目指して頑張ります。

H29集合_convert_20170420152643






桜舞う三回忌

2017.04.16 21:10|生活
昨日は母の三回忌でした。
IMG01407_convert_20170415191732.jpg

三回忌H29.4_convert_20170416210512

亡くなる3週間ほど前の4月5日、母とお花見に行きました。
その2ヶ月前から車椅子を使っていた母。
小さくなった母を車に移そうと真正面から抱え込むと
抱えられている母の方が「そぉ~れ」とか言っちゃって
笑いが込み上げて力が抜けてしまったっけ。

桜のトンネルを通り抜け
「わぁ~」と同時に声を上げたこと。
車の中で一緒に食べた桜餅。

「母さん、私は寂しいですよ・・」
センチになって桜吹雪を見上げたのでした。