FC2ブログ

20年目の春

2018.03.05 20:58|生活
大杉漣さん、素敵な俳優さんでしたね。
このニュースを見て思い出したことがありました。

もう7年くらい前になりますが
お世話になった先輩が62歳で亡くなりました。
本人の遺言で通知が来たのは一か月後のことでした。

職場の数人でご焼香に上がったのですが
一か月後ということもあって
ご主人様と落ち着いてお会いすることが出来ました。

寡黙なご主人は何も語らず
お骨を前に正座し
ただただ涙しておられました。

すると突然、過去の自分が甦りました。
ぽつんと夫の遺体の脇に座る自分です。

急に息が苦しくなり
胸が詰まって立つことも危うい状態でした。
今風でいうとフラッシュバックという現象でしょうか。

我が家の夫も突然逝きました。
もう何十年も経って忘れ切っていると思っていたのに・・
自分は鈍感な方なのに・・
自分で自分の反応に驚いたものでした。

その時は病院へ行き精神安定剤を貰いました。
それ以来忘れていたのですが
大杉漣さんの訃報を聞きまた少し胸が騒ぎました。

逝ってしまった人は皆な愛おしい。
一人になって20年目の春です。









コメント:

見守っていますよ

チカちゃんに襲ってきたフラッシュバック
20年経っても時が止まったままの部屋が
いつも頭の中のどこかに存在していて・・
何年たっても気持ちはその時のままで
きっと優しい素敵なご主人だったのでしょう。

元気な愛する人が突然逝ってしまったら・・

想像を超える寂しさや悲しみが襲ってくると思います。
山崎まさよしさんの歌を聴いていたら
胸がジーンとして切ない思いがしてきました。

”傍にいるよ~” 今 頭の中に歌のフレーズが流れてきました。
(誰の歌かわかりませんが)
チカちゃんにパワーを送ります。

Re: 見守っていますよ

コットンさん
こんばんは。
コメントをありがとうございます。

> 20年経っても時が止まったままの部屋が
> いつも頭の中のどこかに存在していて・・

そうなんでしょうかね。
自分でもわからないのですが
いつもどこか忘れてはいないという事ですね、きっと。

> 何年たっても気持ちはその時のままで
> きっと優しい素敵なご主人だったのでしょう。

亡くなると私の都合の良いように作れますからねww
あちらでは若い奥さんと仲良くやっているかも知れませんw

> 山崎まさよしさんの歌を聴いていたら
> 胸がジーンとして切ない思いがしてきました。

秒速5センチメートルの主題歌になって
これもちょっと胸が騒いだ曲でした。

> チカちゃんにパワーを送ります。

とても嬉しい言葉です。
ありがとうございました。

もう一度会えたら何を伝えたいかな。。

チカさん

こんばんは。
チカさんのブログ読ませてもらってたら
涙がとまらなくなりました。
もう、20年になられるんですね。

山崎さんの歌が胸に沁みます..
One more time , One more chance

もうどこにもいないけど、いつも残像を追いかけて
後姿が似た人見つけたら、ついて行きたくなります。
何年経っても思い出すと苦しくなります。
突然の別れって辛すぎます。

大杉漣さんの訃報を聞いて、私もあの時の苦しい気持ち
思い出してしまいました。
さっきまで普通に話していた人が突然いなくなるなんて。
やっぱり悲しすぎます。。。

時々ね、ふわっと温かい空気、感じるときがありますが
チカさんも感じていらっしゃるのでは・・

天国でふかふかのソファに座りながら、チカさんのことを
いつも見守っておられます。
ガイドされてる時も、ダンスされてるときも・・
楽しく笑顔で過ごしてね。。っておっしゃている気がします。

逝ってしまった人は皆な愛おしい。
この言葉、本当に本当に胸にしみます。

今まだ生かされているからもっともっと幸せになりたいですね。
そして思い切り楽しんでる姿を褒めてもらいましょうね。
もう一度会えたら・・・「ありがとう~」って言いたいです。

Re: もう一度会えたら何を伝えたいかな。。

りささん
こんばんは。
コメントをありがとうございます。

> 山崎さんの歌が胸に沁みます..
> One more time , One more chance

りささんも同じところに涙・・
切ないですね。

>もうどこにもいないけど、いつも残像を追いかけて

この感覚はよくわかります。
無意識に突然入ってくると
あぁまだ忘れていないんだなと思います。

> 突然の別れって辛すぎます。

はい、
多くの悲しみは味わって見ないと分からないものだという事
あの体験でよく分かりました。

> 大杉漣さんの訃報を聞いて、私もあの時の苦しい気持ち
> 思い出してしまいました。

やはりりささんも同じ所に帰りましたか。。。

> 時々ね、ふわっと温かい空気、感じるときがありますが
> チカさんも感じていらっしゃるのでは・・

へぇ~いいですね。
私は消費期限が切れてしまったのか
あまり感じたことはないんですよww
ただ物事が解決したり良い事があった時など
思わず相手の名前を呼び、ありがとうと言ってしまうことがあります。

> 天国でふかふかのソファに座りながら、チカさんのことを
> いつも見守っておられます。

ふかふかのソファ?
アハ いいですねww
りささんが語るとメチャ優しい感じww

> 逝ってしまった人は皆な愛おしい。
> この言葉、本当に本当に胸にしみます。

この歳になると皆な許せて皆な愛おしいですよね。

> 今まだ生かされているからもっともっと幸せになりたいですね。
> そして思い切り楽しんでる姿を褒めてもらいましょうね。

はい、それが何よりの供養ですよね。

> もう一度会えたら・・・「ありがとう~」って言いたいです。

私も!

No title

チカちゃん、こんにちは~
大杉漣さんのニュースは私もビックリしました。
彼のドラマなどはよく見ていたし…

今日のチカちゃんのブログにジーンとしてしまいました。
もうご主人が亡くなって20年経つのですね。
やはり突然の別れは戸惑うと思います。
でもいくら年月が経ってもご主人のこと思い出すのは良いことだと私は思います。
きっとご主人もチカちゃんのこと忘れずに守っていてくれているでしょう!

Re: No title

neneちゃん
こんばんは。
コメントをありがとうございます。

> 大杉漣さんのニュースは私もビックリしました。

今までも突然逝った芸能人はいますが
今回は久しぶりに胸が痛みました。

> もうご主人が亡くなって20年経つのですね。

はい、20年目に入り
結婚生活19年を超えてしまいましたww

> でもいくら年月が経ってもご主人のこと思い出すのは良いことだと私は思います。
> きっとご主人もチカちゃんのこと忘れずに守っていてくれているでしょう!

そうですね。
思い出すのも供養ですよね。
これからも愛おしい思い出として私の支えとなってくれると思います。
neneちゃん ありがとう。

No title

大杉漣さん、残念でしたが、名わき役に焦点を当てたドラマ「バイプレーヤー」の撮影現場で倒れられたのはもしかしたら本望だったかもなどと勝手に考えてしまいました。前作から含め、あのドラマは面白かった。バイプレーヤー冥利に尽きるドラマが遺作になったなと思います。私はまだ胸を張ってあちらへ旅立てるだけの事できてません。

フラッシュバック

チカさん

先輩女性の突然の死、1ヵ月後の「職場の数人でご焼香」に上がった際のご主人の騒然とした姿に、ご自身の経験が「フラッシュバック」したと言うお話。読むのも辛いお話ですね。「ベターハーフ」とも言う夫婦の片方が、突然奪われたときには、本当に半身が捥ぎ取られたような気持ちになることでしょう。若くして半身をなくしたお悲しみが、痛いほど伝わってきました。

No title

「騒然」ではありません。「悄然」です。失礼しました。

No title

チカさん、もう20年という月日が過ぎたのですか。
聞いてはいたけれど、長い、そして短い年月だったのではないでしょうか。

出会いがあれば別れもあるのは、分かって居るけれど、
突然の別れほど辛いものはありませんね。
心の準備などは、時間が有ったとしても、できないものですよね。
仲の良い、信頼しあったご夫婦だったのでしょう。
突然のフラッシュバックは、きっと、心の奥深く封じ込めて生きてきたから
そんな気がします。
まだ若かったんですねえ。

山崎まさよしさんの歌が、切なく響きました。
~One more time , One more chance
残されたものは、こうして先に逝った人が味わわないで済んでしまった感情を
一つ、人生で学んでしまうものなんですね。

思い出は語ってください。
聞きたい私がここに居ます。











Re: No title

カノッチさん
訪問ありがとうございます。

> 大杉漣さん、残念でしたが、名わき役に焦点を当てたドラマ「バイプレーヤー」の撮影現場で倒れられたのはもしかしたら本望だったかもなどと勝手に考えてしまいました。

最終回はご覧になりましたか?
私は録画しましたがまだ見ていません。
これからのお楽しみです。
本望ですか・・そう思えるのかな。

>私はまだ胸を張ってあちらへ旅立てるだけの事できてません。

きっと誰もそう思えていないのでは?
いつか
もう思い残すことはないと思える日が来るのでしょうかね。
コメントをありがとうございました。

Re: フラッシュバック

shuttleさん
こんばんは。
コメントをありがとうございました。

> ご自身の経験が「フラッシュバック」したと言うお話。読むのも辛いお話ですね。

辛い話をすみませんm(__)m
月日が経つほどあの頃の自分が客観的に見えてくるんですが
忘れていたのに急に息苦しくなったこの体験は驚きでした。

>「ベターハーフ」とも言う夫婦の片方が、突然奪われたときには、本当に半身が捥ぎ取られたような気持ちになることでしょう。若くして半身をなくしたお悲しみが、痛いほど伝わってきました。

そんなに仲良しだったとも思えませんがww
とかく美談にしたがるのが年を取った証拠ですね~ww
聞いて下さりありがとうございました。

Re: No title

> 「騒然」ではありません。「悄然」です。失礼しました。

ghuttleさん~わざわざすみません。
ありがとうございます。



Re: No title

ミルさん~
こんばんは。
コメントをありがとうございます。

> チカさん、もう20年という月日が過ぎたのですか。

はい、20年目に入り19年の結婚生活を超えてしまいました。

> 突然のフラッシュバックは、きっと、心の奥深く封じ込めて生きてきたから
> そんな気がします。
> まだ若かったんですねえ。

はい、若かったんですね~~
何だか自分で自分がいじらしく見えて来ますww
私は鈍感な方なんでこんな形で現れるとは意外でした。

> 山崎まさよしさんの歌が、切なく響きました。
> ~One more time , One more chance

この曲を聞いた時
この体験が思い出されました。
それからほんの少し旦那に似ていますww
何と言っても私の中の旦那は44歳のままですからねww

> 残されたものは、こうして先に逝った人が味わわないで済んでしまった感情を
> 一つ、人生で学んでしまうものなんですね。

なるほど~です。
遺されるって感情を学んだのですね。

> 思い出は語ってください。
> 聞きたい私がここに居ます。

わぁ~ミルさん、泣かせないで下さい~~

No title

チカちゃん こんばんは
突然はやっぱり辛いですよねぇ~
20年の歳月が経っても、悲しい思い出は胸の奥に残っているのでしょうね。
でも姿見えないだけで、そばで見守ってくれてますよ、きっと!

フラッシュバック 私は別のことですが経験あります。
胸が苦しくなって、心臓がドキドキして・・・
そんな時、「自分は弱い人間だなぁ~結局、自分で自分に負けている」と悲しくなります。これ私のことね。
チカちゃんの辛い出来事と一緒にしたらいけないのかもしれませんが
ホント~人生は色々あるなぁと思います。
だからこそ、ささいな事でもいいから楽しめることを見つけ楽しんでいきたいかな~コメントというより自分に言い聞かせてるみたいだね。
チカちゃん~元気にいこうね。歌しんみりきました。



Re: No title

まこちゃん
こんばんは。
コメントをありがとうございます。

> 突然はやっぱり辛いですよねぇ~

はい、でも少しづつ少しづつ薄皮を剥ぐように時間が解決してくれて
自分ではかなり元気と思っていたのに
この体験には驚いたものです。

> フラッシュバック 私は別のことですが経験あります。
> 胸が苦しくなって、心臓がドキドキして・・・

そうですか。
まこちゃんは仕事がハードでしたから
トラウマはいっぱいありそうですね。
やっぱりストレスは体に悪いですよね。

> そんな時、「自分は弱い人間だなぁ~結局、自分で自分に負けている」と悲しくなります。これ私のことね。

いやいや
仰る通りどこか逃げ道を探しているのかも知れません。
でも弱い人間だなと自認できるってスゴイことではないですか。
認めて不幸の椅子から自分で立ち上がらなければネ。

> だからこそ、ささいな事でもいいから楽しめることを見つけ楽しんでいきたいかな~コメントというより自分に言い聞かせてるみたいだね。

はい、これも仰る通りです。
時々思い出してしまうけど明るく元気に楽しくね~

> チカちゃん~元気にいこうね。歌しんみりきました。

まこちゃん、ありがとう~~(^^♪

何とも言えません

そういう状況下にある方になんと言葉をかければいいか・・・言葉が見つかりません。
なのでボクなら暫くの間は訪問できないと思います。
すぐにでもお訪ねしてなんとか励ましの言葉を・・・と思うのはやまやまですが。(-_-;)

Re: 何とも言えません

おのこさん~
こんばんは。

> そういう状況下にある方になんと言葉をかければいいか・・・言葉が見つかりません。

はい、しみッたれたブログを書いてすみませんww

> なのでボクなら暫くの間は訪問できないと思います。
> すぐにでもお訪ねしてなんとか励ましの言葉を・・・と思うのはやまやまですが。(-_-;)

ありがとうございます。
また訪問してくださいね。
待っています。
非公開コメント