岡山、姫路、大阪の旅 <岡山編>

2017.03.19 10:08|お出掛け
小田原北条氏の始祖・北条早雲(伊勢新九郎盛時)の生まれ故郷
岡山県井原市にある高越城址に行って来ました。

岡山までは新幹線、そこから伯備線で清音へ
清音からはワンマンカ―の井原線に乗り継ぎ
小田原を出て約4時間半「早雲の里荏原」に到着しました。
160_convert_20170318132908.jpg

159_convert_20170318133158.jpg

158_convert_20170318133052_20170318141934468.jpg
(途中 素敵な鉄橋、高梁川を超えました)

無人駅で駅舎さえもありません。
それに だ~れも人がいない・・(寂しい~)
でも観光案内は立っていました。
164_convert_20170318144046.jpg

162_convert_20170318141535.jpg

高越山その2_convert_20170318142329
赤丸印二ヵ所に行きたいのですが
それぞれ別方向の上、もう午後でもありましたし
歩くにはキツイと思ってタクシーを予約していました。

井原交通さん
電話で予約した方が運転手となって登場。
しかも中世のお城好きとかで自前の小冊子を作って
待っていてくれました。
IMG01338_convert_20170319085348.jpg
車の中で10分くらい周辺の歴史についてあれこれ。
私も小田原から買って行ったお土産を渡してあれこれ。
なかなかいい旅になりそう。

最初の訪問地は「法泉寺」
早雲は幼少期ここで
古澗仁泉から禅僧の厳しい教育を受けたと伝わる場所です。
このお寺は早雲の父、
伊勢新左衛門盛定により創建された伊勢氏の菩提寺で、
息子の早雲も法泉寺を改修・造営し禁制も出したそうです。
(※禁制…お寺等を保護するために領主等が発行したもの)

他にも早雲寄進の摺袈裟があります。
伊豆修善寺から持ち出され納めたと言われるものです。
一般公開されている訳ではなく
和尚さんが在宅ならお見せしましょうということで
予約の電話を入れようと思っていると
先の井原交通さんが
私の知り合いだから話して置きましょうと言ってくれて
予約をしていてくれました。
親切です。

191_convert_20170318142727.jpg
葷酒山門に入るを許さず。
ニラ、ニンニクなどの臭いの強い蔬菜類やお酒、肉などを
食べた者はここから先へは入れないという結界石。
(僧侶に不要なこれらを寺に持ち込まないよう禁じた)
ここから先は聖域であると示しています。

165_convert_20170318142815_20170318143518956.jpg
寺には山門、二の門、三の門があって
石垣も高く城郭の構えをなしています。
なるほど
入口もクランクに曲がっていて攻め手の勢いを削ぐ工夫や
階段の高さも幅も不揃いで登り辛いような工夫もなされていました。
池は堀代わりの役割もあったのでしょう。

170_convert_20170318143859.jpg
(三の門)
185_convert_20170318143216.jpg
(鬼瓦には三つ鱗・北条氏の紋が)
171_convert_20170318143940.jpg
三の門をくぐると優しそうな和尚さんと奥様が出迎えて下さり
どうぞ、どうぞと中に案内してくれました。
和尚さんが話され 間合いで奥様が補足されます。
一人でお聞きするには勿体ないお話ばかり。

173_convert_20170318144928.jpg
早雲の師であった古澗仁泉の木像坐像。
亡くなって間もなく作られたもので
本人にそっくりだと伝わっているそうです。
(室町時代の僧侶。1458年に79歳で没。)

174_convert_20170318145007.jpg
早雲と父の盛定のお位牌(昭和になっての作)
奥の4つ並んだ黒いお位牌は徳川将軍4代までのものとか。
(家康、秀忠、家光、家綱)
それから先は財政困難で作られなかったのでは?という話でした。

175_convert_20170318145051.jpg
奥の間に通されると先に書いた早雲直筆のご禁制。
もう薄くなってしまい読み取るのは難しい感じでしたが
それでも本物に会えた喜びがありました。

176_convert_20170318145800.jpg
こちらは摺袈裟。
逸話ですが曽我物語の曽我の十郎の墓が暴れて収まらない時
この袈裟を掛けたら静まったとか(成仏できた?)
それ以来 この袈裟を求めて多くの人が修善寺を訪れるようになり
書いていては間に合わず摺って大量生産をしようと発案されたとか。
そんな貴重な摺袈裟を早雲は修善寺から持ち出し(理由は分らず)
生まれ故郷のこの寺に納めたそうです。
もっと小さい物と思っていましたが
けっこう大きいのでビックリしました。
因みに箱は江戸時代に作られたそうです。

179_convert_20170318145131.jpg
擦るとこんな風。

177_convert_20170318145159.jpg
そしてこんな感じで持ち歩いたとか。

この摺袈裟についてはまだ続きがあり
持ち出された修善寺側ではこれを取り戻そうと
狐の夫婦を住み込みで送り込んだそうです。
いよいよ誰もが出払う日があり 
二人はチャンスとばかりこれを背負って出る際
山門の辺りに落ち葉が広がり
どうにも気になってつい掃き清めていると
念力が薄れて来たのか箒代わりに使っていた狐の尻尾が丸出しに。
そこへちょ~ど戻って来た寺の者に見つかってしまったそうです。

修善寺から来た狐であることがバレた夫婦ではありましたが
命を助けてくれたらずっとこの寺や民を守ると約束してくれたそうで
その夫婦を祀ったお稲荷さんが寺の上に建っていました。

180_convert_20170318145233.jpg
早雲の画像。
江戸時代前期(推定)に描かれたそうで
現在残されている早雲の画像のなかで唯一の武将姿の画像だそうです。
(これは本物を写したもの)
レプリカは小田原城にも展示されています。

181_convert_20170318145318.jpg
本堂裏手にある早雲と父親の盛定のお墓にお参りしました。
左側が早雲のお墓。
墓石は山が崩れて一旦は行方知れずとなったそうですが
掘り起こされてたぶんこれだろうと祀られているそうです。
因みに早雲の墓は箱根湯本の早雲寺にもあります。

182_convert_20170318145358.jpg
こちらは古澗仁泉のお墓。
合掌。
ついでに裏山にある例の狐のお稲荷さんにもお参りして来ました。

天正18年(1590)小田原合戦において勝利した豊臣秀吉によって
北条氏所縁の物はことごとく壊されてしまいましたが
この法泉寺は山奥だった事が幸いして破壊を免れたそうです。
貴重な物を見せて頂き感激でした。

お名残り惜しいですが法泉寺を後に高越城へ向かいます。
タクシーが見えなくなるまでご夫婦で見送って下さいました。
(頂いたお菓子)
IMG01337_convert_20170319085202.jpg IMG01312_convert_20170319085120.jpg


またまた井原交通さん
私の帰りの電車に合わせ前日予行運転をされたとか。
高越城も自分で登って所要時間を確認したとか。
いや~何て親切なんでしょう。
「私もご一緒しようかと思いましたが 
 ここは思いのままお一人で行かれる方がいいと思いました。
 だから私は下で待っています」と。
泣けてくる~

192_convert_20170319083927.jpg

217_convert_20170319084107.jpg

208_convert_20170319084356.jpg

207_convert_20170319084441.jpg

206_convert_20170319084828.jpg

204_convert_20170319084545.jpg

202_convert_20170319084711.jpg

203_convert_20170319084628.jpg

中世の山城「高越城」(標高163m)
(1280年蒙古襲来の備えとして築城。
  その後1453年伊勢氏が城主となる)

早雲の生まれた城です。
一人っきりなんで
「やって来ましたぁ~」と大声で言って見ました。
気持ちいい~
思いっきり伸びをして、一から五の郭まで城跡を巡りました。

213_convert_20170319084953.jpg
(土塁も綺麗)

201_convert_20170319084903.jpg
(こんなポールの基盤にも三つ鱗の紋ww)

しばし四方の眺めを味わってにわか歴女
中世の領国支配に思いを馳せました。

タクシーに戻って感想を話していると
井原交通さんは
「私は腰に手を当て荒城の月を歌いましたよ」
なるほどね~

これから小田原を語るに一度は見て置きたいと思った早雲の里。
叶った思いを噛みしめ帰りの電車に揺られながら
今夜の宿、姫路へ向かいました。
 

つづく。
(長らく読んで頂きありがとうございました。)





コメント:

No title

ガイドの勉強が素晴らしい成果に結びつきましたね。
いろいろ勉強したものをより突き詰めて
北条早雲のルーツに興味を持ち岡山県まで訪ねていくチカちゃんは歴女ですよ。
実際に観て得た知識は深いですね。

法泉寺が山奥で秀吉に壊されなくてよかった!

私も歴史が好きなので憧れます。
続きを楽しみにしていますね
何気なく見ていた小田原城
早速ガイドしてもらった気分です。
ワクワクしてきました。感謝(^^♪

素敵な旅行

チカちゃん~読みながら一緒に旅行してる感じでした。
立派~立派~とってもよくわかるし、チカちゃんの北条早雲に対する熱意が伝わってきました。凄いことです。
また旅行で出会った方が皆さん親切で、やっぱりこれもチカちゃんの人徳ですよねぇ。
旅行の下準備もバッチリで、これが本当の旅行なんですよねぇ~
遠い所まで行かれた値打ちがあるし、心に残りますよね。
私も学ばないといけません。

前に見た写真のチカちゃん、立ち姿が綺麗で若々しく~~
ブログ読みながら通りで~と思いました。


No title

チカちゃん、素晴らしい一日でしたね~
「法泉寺」と「高越城」私は全く知らなかった所です。
もちろん知識もなかったです。
記事を何度か読み返しながら私も少し勉強できました。

小田原北条氏の始祖・北条早雲さんの生まれ故郷で歴史を実際に見て味わい…
法泉寺では和尚さんご夫婦の貴重でありがたいお話そして井原交通さんの素晴らしい心遣い。
本当に良かったですね(^^)
きっとチカちゃんの熱心な思いが伝わったのでしょう~
今回チカちゃんの願いが叶ったことに私も嬉しいです。

コットンさん同様私も一足先に小田原城ガイドしてもらった気分です(^^)
姫路城の記事も楽しみにしています。

素敵ですね。

チカさんへ

こんばんは。
岡山編、一気に読ませて頂きました。素敵~素敵~v-343
私も一緒に旅行させていただいた気分になりましたよ~♪

チカさんの「やって来ましたぁ~」と大声で。。。
気持ちいい~~のが、伝わって来ました。(#^.^#)

旅先で出会った方との会話、素敵な思い出になりますね。
チカさんみたいに心に残る旅行、私もしたいです。
小田原、行ってみたいな。。
姫路編~大阪編も楽しみにしてます~♪

Re: No title

コットンさん
こんばんは。

長いブログを読んで頂き感謝です。

> いろいろ勉強したものをより突き詰めて
> 北条早雲のルーツに興味を持ち岡山県まで訪ねていくチカちゃんは歴女ですよ。

ありがとうございます。
登場人物が頭の中で生きて来ると楽しくなりますね。
早雲は戦国時代の魁となった人物で何かと注目が集まりますが
小田原北条の前、大森氏の時代もなかなか渋く
面白いですよ。
また聞いて下さいね。

> 法泉寺が山奥で秀吉に壊されなくてよかった!

そうですね~
戦に負けるってそういうことなんですね~

> 私も歴史が好きなので憧れます。
> 続きを楽しみにしていますね

そう言って頂き感謝です。

> ワクワクしてきました。感謝(^^♪

アハ ありがとうございます。
是非実際にもいらして下さいね。

Re: 素敵な旅行

まこちゃん
こんばんは。
先日はありがとうございました。
お陰様で楽しい一日を過ごすことが出来ました。

> チカちゃん~読みながら一緒に旅行してる感じでした。

ありがとうございます。
長くて嫌になったでしょう?ww
姫路と大阪はメジャーなんでサクッと書きますからね~~ww

> 立派~立派~とってもよくわかるし、チカちゃんの北条早雲に対する熱意が伝わってきました。凄いことです。

いやいや
少し取っ掛かりが出来て楽しみが出来たってことでしょうか。

> また旅行で出会った方が皆さん親切で、

はい、そうなんです。
特に井原交通さんには感謝です。
実は井原市の観光課から紹介されたタクシー会社は3軒あったんですが
井原交通さんには2番目に電話したんですよ。
最初の会社と全然違う対応で
こちらの意をすぐに汲んでメチャ親切な対応でした。
行かれるチャンスがあったらお勧めですww

> 前に見た写真のチカちゃん、立ち姿が綺麗で若々しく~~

アハ 何度か褒めてくれてありがとう。
それを励みに頑張ります~

Re: No title

neneちゃん
先日は大変お世話になりました。
お陰様で旅の最終日を皆さんと賑やかに過ごすことが出来ました。
段取りや配慮が素晴らしく感激でした。
ありがとうございました。

> 「法泉寺」と「高越城」私は全く知らなかった所です。
> もちろん知識もなかったです。
> 記事を何度か読み返しながら私も少し勉強できました。

ありがとうございます。
全然メジャーじゃない所ですからね。
お店も一軒もないので観光地としてはイマイチお勧め出来ないかもww

> 小田原北条氏の始祖・北条早雲さんの生まれ故郷で歴史を実際に見て味わい…
> 法泉寺では和尚さんご夫婦の貴重でありがたいお話そして井原交通さんの素晴らしい心遣い。
> 本当に良かったですね(^^)

はい、少しばかりの縁ですが
彼の足跡を見れたのは感激でした。
法泉寺さん、井原交通さんには心から感謝です。

> きっとチカちゃんの熱心な思いが伝わったのでしょう~
> 今回チカちゃんの願いが叶ったことに私も嬉しいです。

はい、ありがとうございます。

> コットンさん同様私も一足先に小田原城ガイドしてもらった気分です(^^)
> 姫路城の記事も楽しみにしています。

いつか来て下さいね~
姫路城やご案内頂いた大阪城はあまりに有名なんで
サクッと参りたいと思いますww
よろしくお願い致します~

Re: 素敵ですね。

りささん~
先日は公私共に忙しい時
駆け付けてくれて本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

> 岡山編、一気に読ませて頂きました。素敵~素敵~v-343
> 私も一緒に旅行させていただいた気分になりましたよ~♪

ありがとうございます。
長々とごめんね~

> チカさんの「やって来ましたぁ~」と大声で。。。
> 気持ちいい~~のが、伝わって来ました。(#^.^#)

はい、だ~れも居ないんで好き放題叫びましたww
りささんなら「ディープ~♪」と言っていたかもww

> 旅先で出会った方との会話、素敵な思い出になりますね。
> チカさんみたいに心に残る旅行、私もしたいです。

りささんもお馬の旅はよくされていますね。
旅先でのちょっとしたご縁もまた楽しいものですよね。

> 小田原、行ってみたいな。。
> 姫路編~大阪編も楽しみにしてます~♪

是非来て下さい。お待ちしています。
姫路、大阪はメジャーなんでサクッと参りますねww
よろしくお願いします~

もう立派なガイドさんです

チカさん

「北条早雲」とか「小田原城」をガイド予定のチカさんにとっては、いわば「卒業論文」のような旅行でしたね。もう立派なガイドさんです。歴史的なお話をたくさん聞かせていただきました。これから臆することなく、「北条早雲」とか「小田原城」に付いて、堂々とお話できるでしょう。何しろ、生まれ故郷から、関係寺院、それに現地のその方面に詳しい人々から、資料を入手されているのですから「鬼に金棒」です。教員も「差で食う」と言われる職業で、生徒諸君の知る前に、知識を仕入れておくのです。チカさんの職業に対する熱心さに、敬意を表したいです。私もよく旅行に出て行って、ガイドさんのお話を聴きますが、本当に歴史や産物、景色などの紹介が、上手な人が多いです。やはりあまり若い人は駄目ですね。年配の、世間を良く味わってきた人のお話が面白いです。チカさん、頑張れ。

Re: もう立派なガイドさんです

shuttleさん
こんばんは。

> もう立派なガイドさんです。

まあ 何とww
拙い文章で恐縮してしまいますがここは先生に褒めて貰ったと思い
素直に受け止めて置きます。

>歴史的なお話をたくさん聞かせていただきました。これから臆することなく、「北条早雲」とか「小田原城」に付いて、堂々とお話できるでしょう。

恐れ入ります<m(__)m>
もっともっと、と入れ込んで話すとお客さんが引いてしまう
その轍は何度も注意されているんですが
分り易く短く話すのは難しいことですね。

>教員も「差で食う」と言われる職業で、生徒諸君の知る前に、知識を仕入れておくのです。

へぇ~そうなんですか。

>私もよく旅行に出て行って、ガイドさんのお話を聴きますが、本当に歴史や産物、景色などの紹介が、上手な人が多いです。

先日はお二人で房総に行かれて楽しそうでしたね。
私も上手なおもてなしが出来るよう頑張らなくちゃ。

>チカさん、頑張れ。

わ~ありがとうございます!

チカさん、ここ数日バタバタしていました。
やっと今、ひと心地付きました~~((+_+))

紀行文、興味深く読ませて頂きました。
自分が知り得た知識から、さらに深く、
小田原のルーツをたどりたくなった。
ここが行きたかった場所なんですね。
叫んだと知って、想いの深さを感じましたよ。
若いころと違って、旅の形も違って来ますよね。
サラッと観光も良いけれど、自分の興味を満たしてくれる場所を
じっくり訪ねる旅こそが、旅。
益々、歴女に磨きをかけて、私などの歴史空白者に
発破をかけて下さい。
新たな一ページ、記念の旅でしたね。
続きを楽しみにしています。



Re: 旅

ミルさん
大変な数日、大変お疲れ様でした。
お疲れ出ないよう祈っています。

> 紀行文、興味深く読ませて頂きました。

長ったらしい文を読んで頂きありがとうございます。

> ここが行きたかった場所なんですね。

今までの私の旅はお馬さんに絡んで
遠巻きに観光地を歩くパターンでしたが
今回は目標がハッキリしていて充実していたように思います。

> 叫んだと知って、想いの深さを感じましたよ。

アハ いや誰もいないんですよ~
山城の頂点に一人きり
叫ぶっきゃないでしょうww

> 益々、歴女に磨きをかけて、私などの歴史空白者に
> 発破をかけて下さい。

何をおっしゃいます~
こちらこそ刺激を頂く日々
ミルさんには教えて貰うばかりです(特にお馬ww)

> 新たな一ページ、記念の旅でしたね。
> 続きを楽しみにしています。

はい、ありがとうございます。

結論、、、

結局のところ、、、小田原城に関係のある北条早雲の出生をもっと知るために行った旅行でしたか。
いやあ、、、勉強家!
ボランティアガイドに余生を賭けているんじゃないの!?(●´艸`)ムフフ
それにしても、井原交通の運転手は相手のことを慮って、また自分の立場もよく心得ていて、、、なかなかいいなぁ!!人間ができている(*^_^*)b
お土産のお菓子までくれた宝泉寺の住職夫妻もいいよねえ!!ただ、訪問者がボクであってもお土産をくれたかな・・・という疑問はあるけどねヾ(⌒▽⌒)ゞ
なにしろいい旅だったみたいね!?\(о♡∀♡о)/

Re: 結論、、、

やまとおのこさん

> 結局のところ、、、

そうそう。
興奮しているもんだから何が言いたいか?ですよねww
長い事読んで下さって感謝です。

> ボランティアガイドに余生を賭けているんじゃないの!?(●´艸`)ムフフ

それはヤバいですね。
まだ嫁入り前なのに~(爆)

> それにしても、井原交通の運転手は相手のことを慮って、また自分の立場もよく心得ていて、、、

本当に。
予約の電話の時 あれこれ相談したんですよ。
そしたらその方が運転手として現れ段取りバッチシ~。
素晴らしいおもてなしでした。

> お土産のお菓子までくれた宝泉寺の住職夫妻もいいよねえ!!ただ、訪問者がボクであってもお土産をくれたかな・・・という疑問はあるけどねヾ(⌒▽⌒)ゞ

きっとくれましたよ。
こういう観光地じゃない所に来る人は皆濃い人ばかりで
山の中 わざわざ来るんだからと。
ついでにお稲荷さんのお札も頂きましたよ(盗難除けとか)

> なにしろいい旅だったみたいね!?\(о♡∀♡о)/

はい あっという間の二泊三日でした~
非公開コメント