FC2ブログ

悩みどころ

2018.01.21 10:52|生活
TVの小室哲哉さんを見て他人事ではないなと思っています。
やはり叔母にも高次脳機能障害が残り
失語、失行、記憶障害・・
思うようなコミュニケーションが取れません。

しかし
今のリハビリ病院は最大150日の入院しか許されておらず
そろそろ退院後の行き先を考えなくてはという時期になりました。

叔母は常々、体が不自由になったら
夫婦でケア付きの施設に入ると言ってました。
そういった価値観は変わっておらず
今回も会話の趣旨はおぼろげながらも理解出来ているようでした。
ただ「夫と一緒」という点では信じて疑わない様子です。

一方 義叔父は違っています。
家で介護できないのは当然として
施設にも行かないとハッキリしています。
一緒に入所したら叔母は甘えて何もしなくなると恐れています。
また狭い施設の部屋の中で
24時間向かい合うのは自信がないとも言います。
よくわかる心理です。

叔母は一緒に住みたい、義叔父は住みたくない。
二人の溝、どう埋めますか?
FIMの落ちた叔母にどう理解して貰ったらいいのでしょう。

私の中では叔母は介護型へ
落ち着いてから義叔父は自立型へと考えていました。
二人の距離は歩ける範囲で
義叔父は散歩がてらに叔母の面会に行けるよう。

でも理想はなかなか難しいようです。
今 二人の気持ちの折り合う場所を探しています。

IMG_20171230_121350_convert_20180121094748.jpg

ところで
ツイッターにこんなつぶやきが載っていたので拝借しました。
根拠はないんですが。
因みに叔母が救急車を呼んだのは
頭の痛みと右手が痺れるというものでした。


 『これ知っておいた方が良さそう』
  【耳鳴りの原因】
  ジージー(虫の音)⇒老化
  キーン⇒ストレス
  ウォンウォン(モーター)⇒自律神経
  ヒューヒュー⇒OA機器症候群
  ミーンミーン⇒中耳炎
  ザーザー⇒突発性難聴
  グァングァン(洗濯機)⇒脳卒中
  ゴー(ジェット音)⇒脳梗塞





今年もよろしくお願いします

2018.01.05 20:16|生活
明けましておめでとうございます。
昨年末はいろいろとご心配頂きありがとうございました。

病に倒れた叔母は昨年26日にはリハビリ病院に転院しまして
介助付きながら一人で歩けるようになりました。
医学ってスゴイ、人間の身体ってスゴイと思います。

義叔父と私は激動の12月でした。
何事も叔母が仕切っていた為、箱入り夫の義叔父さん。
まずは食の混乱です。
何十年もリンゴを剥いた事がないという義叔父の料理から。

電子レンジが無いのです。
叔母が「あれは身体に悪い」と決めつけていました。
でも一人暮らしには必需品ですね。まして料理ができない人には。
しかもコンセントも無いんです。(呆然)
知り合いの電気屋さんに急ぎで取り付けて貰いました。
次に混乱したのはお金です。

預貯金の8割が叔母名義だったんです。(なんてことww)
金庫があったんですが鍵が見つからなくて
業者に来て貰って開けると通帳とカードが・・
でも印鑑が無い、暗証番号がわからない。
貸金庫の鍵や暗証番号に繋がる物も一切入っていない・・

義叔父「俺が先に死ぬ予定だったんだな。」
私「間違いなくね。」

それでも義叔父は健気に自分のお金を使おうとします。
ちょっと待って義叔父さん!
義叔父さんの老後だってあるし、
何より叔母が自分の意志でお金を使うことはもうあり得ない。
「だからオバちゃんのお金を使おうよ。」と言うと
義叔父は初めて私の存在に気が付いたみたいに
「偉いね、○○ちゃんは。」と言います。
今頃気付いたの?義叔父さん。(笑)
それから事務的な手続きが大変でした。
世の夫の皆さん
時々自分のお金は確認した方がいいですよ。(笑)

さて私はというと
2日からガイドに復帰しました。
新年早々と思いますが
初詣や箱根駅伝から流れるお客さんにも対応するそうで
相変わらずの積極ぶりです。

でも休んで見ると
憑き物が落ちたように何故あんなに夢中だったのか
自分が滑稽に思えたりもします。
これはいいキッカケで
これからはマイペースでやろうと思っています。


有馬記念を制したキタサンブラックの馬主サブちゃんが
TVで言ってました。
IMG_20180103_193947_convert_20180103200559.jpg

IMG_20180103_194018_convert_20180103200656.jpg

IMG_20180103_194646_convert_20180103200743.jpg

試練もありますが与えられた道を自分なりに
ガッツ出して行こうと思います。


こんな私ですが今年もどうぞよろしくお願い致します。