08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

チカ

Author:チカ
チカのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

松本、上高地へ

2017.09.16 13:34|お出掛け
先日 松本、上高地へ行って来ました。
スポンサーはいつもの義叔父です。
義叔父78歳、叔母75歳、子供無し。

どこか不完全燃焼の二人は弾けたように
乗り物はグリーン、宿はスイートと奮発します。
気が付けばこんな歳に?といった感じなのでしょうか。
お金は元気な内に使おうという教訓ですね。
P9110715_convert_20170916124130.jpg P9110716_convert_20170916124204.jpg
(初めてのグリーン車)

IMG_20170911_172921_convert_20170916125358.jpg

国宝・松本城。
下見板の黒が映えシンメトリーな姿が素敵です。
内堀の幅は60m。
火縄銃の有効射程距離を考慮して作ってあるそうです。
攻め手の銃は持ち運ぶ為 小さ目で60mに届かない。
一方 城方の銃は大きく60m以上飛ぶ。
それで内堀の幅が60mなんだそうです。
よく考えていますよね。
深さも天守側は浅く反対側へ行くほど深くなっているそうです。
天守の石垣は野面積みで(未加工自然石)
角は算木積み(長辺と短辺を交互に積む)がなされ
石質は石英閃緑岩やひん岩といわれる地元の石だそうです。
赤味がかって下見板の黒とマッチしていました。
この後 正規の登城ルートを辿って天守まで
ゆっくりと説明を読みながら登ると
2時間以上が経過してしまいました。

さあ 大変。
予定していた旧開智学校や叔母が楽しみにしていた
竹風堂の「どら焼き山(栗餡)」のお店にも行かなくちゃ。
慌てていたため
どら焼きは写されることなくお腹に入ってしまいましたが
無事、開智学校にも行けてこの日の予定は終了です。
IMG01810_convert_20170916125456.jpg

P9110746_convert_20170916125627.jpg

お宿は美ヶ原温泉「翔峰」へ。
温泉に浸かって夕食を待つ間に何気に宿のパンフを見ていたら
「15~18時、お土産5%引き」に目が留まり・・
今何時? 17時45分。
「きゃ~~オバちゃん、5%引きがあと15分で終わる。」
へばっていた叔母も急に元気になり
すぐさま支度してお土産屋さんに走りました。(二人は貧乏性?)
そして6時からの食事へセーフ。
義叔父と差しつ差されつワイン、日本酒と美味しく戴きました。
翌日は上高地へ。
IMG01813_convert_20170916123933.jpg


あら・・雨、どしゃぶりです。
日頃の行いが???(笑)
真っ白な高原、泥水の清流を眺めながら
まずは宿泊するルミエスタホテルへ。
ホテルのレストランで昼を頂いていると
雨も何とか小降りになって来ました。
するとさらにこのホテルの素晴らしいサービス「長靴貸し」が。
日本野鳥の会が作っている長靴だそうで、これで元気百倍!!
OI000034_convert_20170916123838.jpg

P9120756_convert_20170916124506.jpg

P9120761_convert_20170916124736.jpg

雨上がりの合羽橋へサクサク歩けました。
気分転換には最高。
お腹も空いて さあ今夜も飲むぞ~。

義叔父が「ワイン飲み比べ」というオプションを付けてくれたので
好きな白ワインを3杯、赤を1杯、スパークリングワイン1杯。
素敵な夜でした。
IMG01826_convert_20170916123910.jpg

翌朝は快晴です。
寒いくらいかと思っていましたが
寒くも無く暑くも無くカラッとして最高のお天気です。
明神池までウォーク。
途中 叔母がリタイアしたので二人を残し一人で向かいましたが
上高地のこの世のものとは思えない澄んだ世界に触れ
心が洗われたような一日になりました。
P9130784_convert_20170916124948.jpg

P9130788_convert_20170916124907.jpg
(柱状節理の岩盤を見上げる義叔父さん)
P9130807_convert_20170916125047.jpg
(合羽橋)
P9130816_convert_20170916125121.jpg
(大正池)

さて
今回の旅はガイドの当番と重なり日程的にキツかったのですが
守りに入らず行って良かったなと思っています。
やっぱり今の元気を有効に、大切にですね。
それから
いつも誘ってくれる叔母夫妻に改めて感謝したいと思います。

H29.9.133人旅 _convert_20170916130220










夏休み

2017.08.28 20:00|お出掛け
先週のこと ブログ仲間Kさんの電彩画作品展に行って来ました。
IMG01713_convert_20170826091008.jpg

IMG_20170826_092220_convert_20170826092437.jpg

Kさんの作品は「少年剣士」
防具をつけた剣道の凛々しい少年を描いていらっしゃいました。
お孫さんがモデルだそうですが
いつもながらKさんらしい清潔感と穏やかな愛情を感じる作品でした。

Kさんご夫妻とは5月に河津温泉へご一緒してから
3ヶ月ぶりの再会です。
ランチしてお茶して「人生について」というとオーバーですが
中身の濃い会話に引きこまれ時間を忘れてしまいました。
Kさんご夫妻と私、案外相性が良いんではないでしょうか。(笑)

お茶にはレアチーズのケーキセットを頂いたのに
そごうと言うとどうしても御座候を無視しては帰れなくて
やっぱり買ってしまいました。(笑)
赤2つ、白3つ。一つ85円、425円なり。
IMG01716_convert_20170826091354_20170826093315abb.jpg

そして昨日は衛生士学校の同期会に行って来ました。
私の母校は衛生士学校としては日本で一番古く
私は26期生、現在は68期だそうで
歯科衛生士という職種が日本に出来て
68年経つということになるんですね。
それはさておき
卒業以来 地元に住むAちゃんが万年幹事をやってくれているんです。
しかも毎年。
数年前からは丸ビルのBUSSというお店に固定して
負担を軽くしていましたが
それでも毎年というのはスゴイことですよね。
私は夫が亡くなってからずっと欠席でしたが
Aちゃんの年賀状「今年こそ来て!」の一文が
心に響いてしまい思い切って参加して参りました。

すると今年は岡山の同期や沖縄の同期も
ウン十年ぶりに参加するというではありませんか。
26期生24名中、11名参加。
懐かしい顔ばかりだけど名前が出ない~。
「申し訳ない、名前何だっけ?」という情けない質問をして
近況を簡単に報告し合うと もうギャップも何も無く女学生のよう。
携帯番号やらlineやら交換して楽しい時間でした。
東京駅_convert_20170828184802
(2020に向けて工事中の東京駅丸の内。ちょっと寂しい?)


そして今日は
地元の地球博物館でやっている特別展「地球を『はぎ取る』」へ。
勉強していらっしゃいという事で招待券が配られました。
地層が伝える大地の記憶。
何が印象的って この地層を保存する方法が面白かったんです。
紹介されていたのは地層の表面に接着剤を塗布して
固まったらベリベリと引っぺがす方法。
昔あった無駄毛取りみたい~(笑)
大きな壁状の地層にオジサマ達が張り付き
せ~のとベリベリ剥すんですね。
地層の奥深さ、美しさ。
ちょっとしたロマンでした。
はぎ取る_convert_20170828184851

温泉_convert_20170828184822

帰りには温泉に浸かって夏の疲れを癒して来ました。
また明日からガイド頑張ります。







河津、再会、ガイド

2017.06.03 10:17|お出掛け
30~31日と中身の濃い旅をして来ました。

始まりはブログ仲間のKさんが
行きつけの河津(伊豆)の温泉に誘ってくれたことでした。
Kさんは素敵な電彩画を描く方で
私も時々 個展や作品展に寄せて貰っているところです。
Kさんの絵ハガキ_convert_20170602105805
(頂いた絵葉書)


今回のメンバーはKさんご夫婦と2匹のワンちゃん。
それに大阪のNちゃん、奈良のMちゃん、私の5人となりました。

Nちゃん、Mちゃんとは3月に大阪城をご一緒して貰ったばかり。
2ヶ月でまた会えるなんて今年はツイています。

さて
河津というと私には忘れられない友、M君がいるんです。
(正確には夫の友人)
どうして忘れられないかと言うと
M君の婚姻届の保証人にうちら夫婦がサインしたからなんです。

当時彼は今の奥さんと大恋愛中でしたが
家族の反対にあって結婚できず駆け落ちをしたのでした。

家族に黙って家を出て来たという夜
婚姻届を持って我が家を訪れ
4人でささやかなお祝いをしました。
そのM君とは夫の一周忌以来もう17年以上会っていなかったのです。

Kさんが河津に誘ってくれて
一番先に思い付いたのはM君との再会でした。
スカイプで打ち合わせをした時この事を話すと皆が気持ち良く
「チカちゃん、会っておいでよ。その人に」と言ってくれました。

河津の駅に着くとM君と奥さんが迎えに来てくれていました。
いや~懐かしい。
夫との付き合いも長かったので
M君ともグループ付き合いがありスキーに行ったり
お祭りに行ったりとよく遊んで貰いました。
無口でシャイで可笑しい人。
「変わっていないね~」
「昔から老け顔だったからね」とM君ニヤリ。

怪我や病を経て体の不自由なM君でしたがとても幸せそう。
お家に招いて貰い互いの近況や
20代の楽しかった頃の話に花が咲きました。
それから 近くのバガテル公園のバラが見頃だと言うので
連れて行って貰いました。
M2_convert_20170602104544.jpg

こうして3人で散歩できるなんて夢のよう。
人生、捨てたもんじゃないですね。

そうそう 不思議なことが一つ。
夫にはM君他3人の親しい友がいましたが
私がM君に「河津に行くので会えない?」とメールした日
何とその3人からも「たまには会わないか」と連絡が来たんですって。
「○○(夫)が企んでいるのかな」というM君
とても嬉しそうに笑いました。

さて
そんな再会も果たし今夜のお宿へ。
皆さんと合流です。
ツーワンちゃんとは初対面。メチャ可愛い。ぬいぐるみみたい。
白いレオン君は15歳 モコちゃんは1歳半。
P5310714_convert_20170602083359_convert_20170602110052.jpg P5310716_convert_20170602083300_convert_20170602110034.jpg

可愛がられて育っていることがよく分ります。
それにモコちゃんが来てレオン君の老いにストップが掛かったとか。
刺激を受ける事の大切さを教えて貰った気がしました。

お宿はKさんお勧め「かわづの里」
IMG01576_convert_20170602104201.jpg
(お庭)

ペットもご一緒できてアットホームな感じですが
ここのお料理がまた素晴らしい。
大きな舟盛りから始まって 
IMG01561-1_convert_20170602103938.jpg
(これは3人分)

酢の物 玉ねぎ丸ごとポン酢煮、トマト丸ごと冷煮、
そら豆とベーコンバター煮etc
カツオのたたき、サザエのつぼ焼き、金目鯛の塩釜焼、
IMG01564_convert_20170602104039.jpg
(これも3人分。Kさんご夫婦にはもう一匹)

伊勢海老ステーキ。
IMG01570_convert_20170602104100.jpg

これにご飯に味噌汁、香物。
さらに夜食にと海老3本入りの生春巻き付き。

信じられない~私のお腹♪というくらい食べました。
満腹感に誰も声も出ず もう一度露天風呂に入って
早々に休んでしまいました(笑)

さて
一夜が明け またまた露天に入って
モコちゃんと皆で宿の側を流れる河津川の畔を散歩しました。
ここは河津桜で有名な場所なんですね。
今は新緑だけどメチャ気持ち良かったです。
そして朝ごはんもまた豪華。
夕べの生春巻きも含めて完食しました。
IMG01579_convert_20170602104131.jpg

車組のKさんご夫妻、ツーワンちゃんとはここでお別れ。
NちゃんMちゃんのお二人はこれから小田原まで来て
私のガイドに付き合ってくれるというのです。
きゃ~
こんなに早く実現するとは~~~~!

スーパービュー踊り子号で小田原へGO。
「友達だと思ったらアカンで、お客さんと思ってな」(笑)

結果 半分友達入ってしまったでしょうか。
でも暑い中 拙いガイドを聞いてくれた二人に感謝です。

あまりにお腹がいっぱいでお昼も食べなかったけど
お茶しておしゃべりして楽しい時間でした。

ブログ友との温泉旅。
17年ぶりの再会。
小田原城ガイドと中身の濃い旅でした。

お付き合い頂いた皆さん、本当にありがとうございました。





春なのに堀と畝

2017.04.06 19:16|お出掛け
あっという間に4月です。
お陰様で入会式も終わりガイドとしてのスタートを切りました。
春休みとあってか小田原城も結構な人出。
見習いながらも右往左往しております。
IMG_20170406_160305_convert_20170406185750.jpg
(4/6現在 桜はまだ3分咲?)

さて話は変わって
3月の終わりに卒業旅行(日帰りドライブ)と称して
北条氏所縁の5つの城跡を巡って来ました。
ここでまたまた土塁や堀の美しさに魅せられてしまいました。
歴史の勉強をしてからというもの石垣に恋していましたが
北条氏特有の畝掘りや障子掘りの美しさにも
改めて感嘆の声を上げてしまったのです。

「静岡県三島市にある山中城跡の堀」
020_convert_20170404102024.jpg
岱崎出丸の畝掘り。
豊臣秀吉による小田原攻めの際 
来るぞ、来るぞというんで急いで築いた出丸。
未完成のまま豊臣軍4万の兵に攻められ僅か半日で落城。
022_convert_20170404102106.jpg

023_convert_20170404102224.jpg

障子掘り。
因みに障子掘りとは障子の桟のことを言うのではなく
衝立、仕切りといった意味合いだそうです。
当時の畝に当たる部分はもっと狭く掘りももっと深かったそうです。
ここは新緑の頃になると芝生が緑いっぱいとなって(芝生は保護の為)
ツツジも咲き誇り 富士山が雄大で素晴らしい眺めです。
(この日は富士山は見えず)

三島って富士山噴火や関東大震災の影響が少ないんでしょうか。
400年以上も経ってこんなに保存状態がいいのは羨ましい限りです。

「沼津市にある興国寺城の大堀・土塁」
039_convert_20170404102426.jpg
ここは北条早雲(まだ伊勢新九郎の頃)が今川氏の内訌を解決して
そのご褒美に貰った初めての城と言われています。
尾根先にある自然の地形を利用しているようですが圧倒されます。
028_convert_20170404102507.jpg
中世の城の守りに思いを馳せ・・

032_convert_20170404102341.jpg
三の丸の土塁。
この先に西の船着き場があったとか。
正面は沼津の海、奥に見えるのは西伊豆の山です。
029_convert_20170404102310.jpg
本丸跡からの眺め。
沼津の街が一望できます。
海から真っ直ぐ一本道がわかりますか?
横には水路が走っていたので 
もしや当時は全面水路ではなかったかと。
海から真っ直ぐ城に向かって上がって来る船を想像して下さい。
ロマンでしょう。

このあと水軍として活躍した長浜城や
北条早雲が生涯を送った韮山城へ。
そちらはまた何かの機会に聞いて下さい。





岡山、姫路、大阪の旅 <大阪編>

2017.03.22 13:50|お出掛け
姫路から大阪に向かう日は風が強く
神戸に着いた時
架線にビニールが絡んだとかで新快速が止まってしまいました。

こうなると弱いのが観光客です。
各停に乗り換えて下さいとのアナウンスも
「野洲行き」「松井山手行き」???
大阪駅は絶対的存在だから きっとどれも止まるよね?
不安ながらキョロキョロ。
明石に着いた時でしょうか、快速が動きますのアナウンス。
おぉ~と乗り換え。
するとまた見通しが付きません、各停に乗り換えてのアナウンス。
うゥ・・

大阪のビアホールに4:30の約束。
奈良から来てくれるHちゃんの方は大丈夫かしら。
私の方は芦屋で動いている快速に乗ることが出来たけど・・
宿に着いたのは4時、間に合って良かったぁ~

去年 秋華賞で会おうねって約束して置きながら
私の病で会えなかったHちゃんとRさん。
一年半ぶりに無事会えました(千葉のMさんは残念ながら欠席)
二人とも元気そうで何より。
おしゃべりに花咲き楽しい時間はあっという間でした。
IMG01324_convert_20170322093735.jpg


明けて最終日。
やはりブログ友のNちゃん、Mちゃん。
大阪城公園駅集合。
347_convert_20170322092236.jpg

わぁ~こちらの二人も元気元気。嬉しい再会です。
Nちゃんは大阪城の近くにお住まいで
今日の日の為にコースを考えて置いてくれました。

奈良から来てくれたMちゃんも大阪城は久しぶりとか。
「あれが大阪城ホール?」
「キンキキッズ?嵐?」
「あれがツインビル?」
「ね、ね、蛸石行く?」
Nちゃん 質問攻め~
「はいはい、ちゃんと行くからね~」

349_convert_20170322092339.jpg

350_convert_20170322092422.jpg
(青屋門)
353_convert_20170322092529.jpg
また石垣すご~い(すっかり石垣フェチ)
高さ、反り、横矢がかりが見事、美しいな~

梅園もまだ見頃と連れて行って貰いました。
本当だ、よく手入れされていて綺麗~
絵になる位置も教えて貰います。
358_convert_20170322092623_20170322111813190.jpg

359_convert_20170322092647_20170322111815571.jpg

363_convert_20170322092842_20170322111359e66.jpg

豊国神社に寄ってご朱印を頂き
秀吉公にもご挨拶。
364_convert_20170322093124_20170322111401057.jpg

いよいよ一番楽しみにしていた桜門にある巨石「蛸石」へ。
うぉ~~~すごい!
な、なんていう大きさだぁ~
秀吉ってやっぱりスゴイ!
370_convert_20170322093235.jpg
(蛸石とは左下に蛸の模様のあることからとか)

いったいどうやって運んだの?
小田原にも石丁場があって江戸城石垣の石を切り出したって
習ったけど、こんなの見たことない。
すると桜門付近で無料のガイドさんが気軽に声掛けてくれて
小豆島より船底に入れて運んだとか。

18日(土)の朝日TV「食彩の王国」(薬師丸ひろこ)で
ちょ~ど小豆島を取り上げていて
石丁場も紹介され 大阪城に負けないような巨石が映っていました。
こんな風に運んで来たのかな・・


filename130.jpg
              (ネットより)


パワーを貰おうと触ってみるとザラッとした感触。
花崗岩でしょうかね?
小田原地方は安山岩が中心なんですが
もうちょっとサラッとしているようで
触り心地の違いも楽しめました。

さて
大阪城へも登り 高蘭から360度
Nちゃんの説明を聞きながら大阪の美しい街を眺めました。

383_convert_20170322093338.jpg
極楽橋からの眺め。
やっぱり美しい打ち込み接ぎの石垣。
384_convert_20170322093409.jpg

連れて行って貰った素晴らしい眺めのレストラン。
鯛めし食べ放題。
Mちゃんと3人、楽しいおしゃべりだったのは
言うまでもありません。
385_convert_20170322093436.jpg

おひる_convert_20170323093009

今回Nちゃんのお言葉に甘えて
大阪城の案内をお願いしてしまいましたが
見どころ満載で温かいおもてなしが身に沁みました。
本当にありがとうございました。
また私の一人旅に色を添えてくれた4人のブログ友にも
深く感謝です。
お蔭で良い旅になりました。
皆さん、ありがとう~!


追:3編に渡り読んで下さりありがとうございました。