秋の日々

2017.10.11 20:40|生活
IMG01890_convert_20171011202426.jpg

10月8日 朝5:20 西の空です。
写真はイマイチですが
月は燦々と輝き 神秘的でしばし見惚れてしまう光景でした。

立ち番ガイドの日はこの時間の起床でギリギリです。
マンパワー不足でこき使われる日々。
加えて
休みの日にはここぞとばかり踊りに行くので身体中が痛みます。

IMG_20171010_183147_convert_20171011142650.jpg

友人が乾燥したナツメを送ってくれました。
自宅にたくさん実ったとか。
ナツメ酒は滋養強壮、不眠症、老化防止、
健康にはとっても効果があるということで
教えて貰った通り私も作って見ました。
2~3ヶ月で飲めるようですが
冬の元気を貰ったようで嬉しいです。

さて
我が家のご飯。
春先に土鍋を新調しました。
最近は赤飯も上手く炊けるようになってご機嫌です。
栗ごはん_convert_20171011143450

IMG01836_convert_20171011142822.jpg

IMG01849_convert_20171011142800.jpg

そして 最近のマイブームはチャーシュ~。
辛い肉体労働の後は何故かそそられます。
おいおい、これだけかよ?と笑われそうですが
片付けはどんぶり一個で簡単の上、心も癒してくれて大満足。

IMG01854-1_convert_20171011142711.jpg IMG01880_convert_20171011144100.jpg


景色のいいガイドでちょっとリフレッシュ。
また頑張ります。
真鶴_convert_20171011143822

(真鶴港から相模湾)






松本、上高地へ

2017.09.16 13:34|お出掛け
先日 松本、上高地へ行って来ました。
スポンサーはいつもの義叔父です。
義叔父78歳、叔母75歳、子供無し。

どこか不完全燃焼の二人は弾けたように
乗り物はグリーン、宿はスイートと奮発します。
気が付けばこんな歳に?といった感じなのでしょうか。
お金は元気な内に使おうという教訓ですね。
P9110715_convert_20170916124130.jpg P9110716_convert_20170916124204.jpg
(初めてのグリーン車)

IMG_20170911_172921_convert_20170916125358.jpg

国宝・松本城。
下見板の黒が映えシンメトリーな姿が素敵です。
内堀の幅は60m。
火縄銃の有効射程距離を考慮して作ってあるそうです。
攻め手の銃は持ち運ぶ為 小さ目で60mに届かない。
一方 城方の銃は大きく60m以上飛ぶ。
それで内堀の幅が60mなんだそうです。
よく考えていますよね。
深さも天守側は浅く反対側へ行くほど深くなっているそうです。
天守の石垣は野面積みで(未加工自然石)
角は算木積み(長辺と短辺を交互に積む)がなされ
石質は石英閃緑岩やひん岩といわれる地元の石だそうです。
赤味がかって下見板の黒とマッチしていました。
この後 正規の登城ルートを辿って天守まで
ゆっくりと説明を読みながら登ると
2時間以上が経過してしまいました。

さあ 大変。
予定していた旧開智学校や叔母が楽しみにしていた
竹風堂の「どら焼き山(栗餡)」のお店にも行かなくちゃ。
慌てていたため
どら焼きは写されることなくお腹に入ってしまいましたが
無事、開智学校にも行けてこの日の予定は終了です。
IMG01810_convert_20170916125456.jpg

P9110746_convert_20170916125627.jpg

お宿は美ヶ原温泉「翔峰」へ。
温泉に浸かって夕食を待つ間に何気に宿のパンフを見ていたら
「15~18時、お土産5%引き」に目が留まり・・
今何時? 17時45分。
「きゃ~~オバちゃん、5%引きがあと15分で終わる。」
へばっていた叔母も急に元気になり
すぐさま支度してお土産屋さんに走りました。(二人は貧乏性?)
そして6時からの食事へセーフ。
義叔父と差しつ差されつワイン、日本酒と美味しく戴きました。
翌日は上高地へ。
IMG01813_convert_20170916123933.jpg


あら・・雨、どしゃぶりです。
日頃の行いが???(笑)
真っ白な高原、泥水の清流を眺めながら
まずは宿泊するルミエスタホテルへ。
ホテルのレストランで昼を頂いていると
雨も何とか小降りになって来ました。
するとさらにこのホテルの素晴らしいサービス「長靴貸し」が。
日本野鳥の会が作っている長靴だそうで、これで元気百倍!!
OI000034_convert_20170916123838.jpg

P9120756_convert_20170916124506.jpg

P9120761_convert_20170916124736.jpg

雨上がりの合羽橋へサクサク歩けました。
気分転換には最高。
お腹も空いて さあ今夜も飲むぞ~。

義叔父が「ワイン飲み比べ」というオプションを付けてくれたので
好きな白ワインを3杯、赤を1杯、スパークリングワイン1杯。
素敵な夜でした。
IMG01826_convert_20170916123910.jpg

翌朝は快晴です。
寒いくらいかと思っていましたが
寒くも無く暑くも無くカラッとして最高のお天気です。
明神池までウォーク。
途中 叔母がリタイアしたので二人を残し一人で向かいましたが
上高地のこの世のものとは思えない澄んだ世界に触れ
心が洗われたような一日になりました。
P9130784_convert_20170916124948.jpg

P9130788_convert_20170916124907.jpg
(柱状節理の岩盤を見上げる義叔父さん)
P9130807_convert_20170916125047.jpg
(合羽橋)
P9130816_convert_20170916125121.jpg
(大正池)

さて
今回の旅はガイドの当番と重なり日程的にキツかったのですが
守りに入らず行って良かったなと思っています。
やっぱり今の元気を有効に、大切にですね。
それから
いつも誘ってくれる叔母夫妻に改めて感謝したいと思います。

H29.9.133人旅 _convert_20170916130220










8月29日の幸運

2017.09.01 20:20|生活
8月29日の午後
観光案内所へ行くと大勢の職人さんでごった返しています。
翌日に控えた尊徳二宮神社の鳥居の架け替え
「御木曳き、立柱祭」の準備のようです。

私の目の前にあるのは鳥居の「笠木」の部分。
一番上になる部分で
建ち上がってしまえば見上げるものなんですが
何と「触っていいよ、写真もどうぞ~。」
IMG01760_convert_20170830190338.jpg

こんなチャンスは二度とないですね。
そっと触れて静かにパワーを頂きました。

尊徳二宮神社はその名の通り二宮金次郎さんを祀った神社で
小田原城内にあるのですが建立120周年記念の一環として
鳥居の架け替え工事が行われていたのです。
IMG_20170831_203206_convert_20170901111127.jpg

御用材は300年前の小田原城主が植えたという樹齢300年の大杉。
節の埋め木に縁起物を形取り同材で埋める猪目(いのめ)がありました。
これも準備段階だからこそ見える物ですね。
IMG01758_convert_20170830190246.jpg
お客様に「ハートを探して~!」と言えるかな。

IMG01768_convert_20170830190405.jpg

IMG01775_convert_20170901105752.jpg

立柱祭を終えてもまだ調整は続いているようですが
無事鎮座していました。
今度架け替えるのは50年後とか。
思わぬ幸運に感謝でした。






夏休み

2017.08.28 20:00|お出掛け
先週のこと ブログ仲間Kさんの電彩画作品展に行って来ました。
IMG01713_convert_20170826091008.jpg

IMG_20170826_092220_convert_20170826092437.jpg

Kさんの作品は「少年剣士」
防具をつけた剣道の凛々しい少年を描いていらっしゃいました。
お孫さんがモデルだそうですが
いつもながらKさんらしい清潔感と穏やかな愛情を感じる作品でした。

Kさんご夫妻とは5月に河津温泉へご一緒してから
3ヶ月ぶりの再会です。
ランチしてお茶して「人生について」というとオーバーですが
中身の濃い会話に引きこまれ時間を忘れてしまいました。
Kさんご夫妻と私、案外相性が良いんではないでしょうか。(笑)

お茶にはレアチーズのケーキセットを頂いたのに
そごうと言うとどうしても御座候を無視しては帰れなくて
やっぱり買ってしまいました。(笑)
赤2つ、白3つ。一つ85円、425円なり。
IMG01716_convert_20170826091354_20170826093315abb.jpg

そして昨日は衛生士学校の同期会に行って来ました。
私の母校は衛生士学校としては日本で一番古く
私は26期生、現在は68期だそうで
歯科衛生士という職種が日本に出来て
68年経つということになるんですね。
それはさておき
卒業以来 地元に住むAちゃんが万年幹事をやってくれているんです。
しかも毎年。
数年前からは丸ビルのBUSSというお店に固定して
負担を軽くしていましたが
それでも毎年というのはスゴイことですよね。
私は夫が亡くなってからずっと欠席でしたが
Aちゃんの年賀状「今年こそ来て!」の一文が
心に響いてしまい思い切って参加して参りました。

すると今年は岡山の同期や沖縄の同期も
ウン十年ぶりに参加するというではありませんか。
26期生24名中、11名参加。
懐かしい顔ばかりだけど名前が出ない~。
「申し訳ない、名前何だっけ?」という情けない質問をして
近況を簡単に報告し合うと もうギャップも何も無く女学生のよう。
携帯番号やらlineやら交換して楽しい時間でした。
東京駅_convert_20170828184802
(2020に向けて工事中の東京駅丸の内。ちょっと寂しい?)


そして今日は
地元の地球博物館でやっている特別展「地球を『はぎ取る』」へ。
勉強していらっしゃいという事で招待券が配られました。
地層が伝える大地の記憶。
何が印象的って この地層を保存する方法が面白かったんです。
紹介されていたのは地層の表面に接着剤を塗布して
固まったらベリベリと引っぺがす方法。
昔あった無駄毛取りみたい~(笑)
大きな壁状の地層にオジサマ達が張り付き
せ~のとベリベリ剥すんですね。
地層の奥深さ、美しさ。
ちょっとしたロマンでした。
はぎ取る_convert_20170828184851

温泉_convert_20170828184822

帰りには温泉に浸かって夏の疲れを癒して来ました。
また明日からガイド頑張ります。







一日早い残暑見舞い。

2017.08.06 10:50|生活
一日早いですが残暑お見舞い申し上げます。
また暑くなって来ましたね。

先日 ガイド当番に向かう途中
小田原城・南曲輪南掘の古代蓮に朝日が射して
とても綺麗だったので急いでスマホカメラで撮りました。
IMG01692_convert_20170806091204_2017080609451240a.jpg

この古代蓮は昭和26年千葉の検見川・落合遺構という所で
発掘されたおよそ2000年前の種子を
東大の大賀一郎先生という方が
発芽に成功させたことから別名「大賀蓮」とも言われています。
小田原へは昭和54年に株分けされたものです。
蓮が花開く時ポンという音がするという話を聞きますが
皆さんは聞いたことがありますか?
早朝から張り込んだことがあるという先輩は
「音はしなかった。」と仰っていました。

さて
先月より「予約ガイド」というのもデビューしました。
名の通り予約されて見えるお客様のことですが
客先が城郭研究会や歴史を語る会などとあると本当にビビります。
お客さんの方がどれだけ詳しいか。
また話題の一つにそのお客さんの地域の歴史と小田原との繋がりも
押さえて置いた方が盛り上がります。
そうすると
予習には際限が無く、怖くて逃げ出したくなります。
「失敗すれば勉強になるさ」と先輩は言いますが
一期一会の旅、会話の楽しさを失わず時間内に納める技。
私にはまだまだ遠い先のようです。

IMG_20170805_200602_convert_20170806091139_20170806095149fc9.jpg

オクラの花を戴きました。
花びらの部分が生で食べられるとか。
千切りにすると実と同じように糸を引いてオクラの風味がし
ポン酢をかけて美味しく戴きました。
夏バテに効きそうです。
残暑厳しい折 皆様もどうぞご自愛下さいませ。